2021/09/05

Twitter依存を改善する

#日記

Twitterを見る時間が長すぎる。Twitter以外にやりたいことがたくさんあるため、本気で改善することにした。


ブラウザから見れないようにする

Block Site


今まではBlock Siteというブラウザ拡張を使っていた。集中時間と休憩時間を設定でき、集中時間にTwitterなど特定のサイトをブロックできる。
私は、50分集中したら5分見れる、というようにしている。(海外製なので日本語がおかしいのがちょっと面白い)


また、ブロック対象のURLにアクセスした場合に特定のページにリダイレクトできるようにできる。私はzenn.devにリダイレクトするように設定している。

問題点としては、簡単に集中モードを解除できてしまうこと。意志が弱いときは誘惑に負けて解除してしまう。

Freedom

誘惑に負けないようにするためのツールを模索した結果、Freedomが良さそうだと思った。
PCとスマホで同期できるのが最高。
無料で試せるが、ちゃんと使いたかったら月額料金を払う必要がある。月200円程度なので余裕。
詳しくはこちらのnoteを参照。
平日は6:00-9:00と19:00-20:00に見れるようにし、休日はもう少し頻繁に見れるようにした。

どうしても見たいツイートやシェアしたい記事があるとき

私の場合は

  • ツイートをする
  • リプを見る
  • DMを見る
  • 特定のリストのツイートを見る

はしたい思っていた。(あくまで問題なのは、それらを見たついでにTLを見てしまうことだった)
そのため、slack + zapier をうまく活用した。

https://zapier.com/apps/slack/integrations/twitter
ここに色々なworkflowsが用意されている。



また、自分でworkflowを作ることもできる。
https://zapier.com/app/dashboard

DMについて

TwitterのDMをslackに通知するのは一筋縄ではいかないらしく、Gmailを経由するしかなさそう。
https://qiita.com/guchimina/items/9bb040b507d8a6cc59a3